スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)

 阪神タイガースの中村豊・二軍コーチ(37)が、兵庫県姫路市内のホテルでユニホームを盗まれた事件で、ユニホームが球団本部(兵庫県西宮市)に送り返されていたことが16日、兵庫県警姫路署への取材でわかった。

 球団は「まさか返ってくるとは」と驚いている。

 同署や球団によると、ユニホームは11日午前、球団本部の役員あてに郵便サービス「レターパック」で届けられた。役員が中身を確認したところ、中村コーチのユニホームが入っていたため、15日、同署へ届けたという。あて先には球団役員の氏名が手書きされていたが、差出人は匿名。消印から芦屋市内で出されたとみられるという。

<町村元官房長官>衆院北海道5区補選に出馬へ(毎日新聞)
「首相、先の展開読まず」安易な連立合意あだに(読売新聞)
複数の力士が野球賭博=相撲協会に申し出(時事通信)
日本振興銀行を検査妨害の疑いで捜索…警視庁(読売新聞)
樺美智子さん 安保反対デモ死から50年 「真相解明を」(毎日新聞)

小林議員に早期辞職求める=民主・枝野氏(時事通信)

 民主党の枝野幸男幹事長は10日午前、北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で陣営の会計担当者が有罪判決を受けた小林千代美衆院議員(北海道5区)と党本部で会い、「できるだけ早い対応をしてほしい」と早期の議員辞職を求めた。小林氏は「14日の(北教組幹部の)判決を踏まえ、結論が出たら報告する」と述べた。 

高齢認知症の小施設、7割スプリンクラーなし(読売新聞)
<政府>在沖縄米海兵隊についての答弁書を決定(毎日新聞)
いじめで転校 元同級生に賠償命令 京都地裁(産経新聞)
振り込め対策で高齢者優先ATM=警視庁副総監が視察―東京・浅草(時事通信)
インドネシア 看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)

<口蹄疫>宮崎県が種牛49頭が殺処分実施 「安平」も含む(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)問題で、宮崎県が殺処分の回避を国に要請していた県家畜改良事業団(同県高鍋町)の種牛49頭が31日、殺処分された。その中には種付けで約22万頭の子牛を生んだスーパー種牛「安平」も含まれていた。県保有の種牛は国の特例で同県西都市に避難しているエース級5頭だけとなり、宮崎牛の遺伝子生き残りに関係者は神経をとがらせている。

 同事業団で、肥育牛の感染疑いが確認されたのは5月14日。避難させたエース級種牛6頭のうち「忠富士」にも22日、感染疑いが発覚。県は、家畜伝染病予防法に基づき殺処分が決まっていた49頭の助命に動く。しかし、国はまん延防止が優先として殺処分を求め、主張は真っ向から対立した。

 県の助命要望を封じるかのように、鳩山由紀夫首相は26日、独立行政法人・家畜改良センターが保有する宮崎牛の血を引く種牛候補を譲ると表明。しかし県は「他県の血統が混じれば純粋な宮崎牛の血統だとは言えない」。種牛の改良には、優れた母牛も欠かせず、県は数十年の血統の流れを踏まえた改良を進めているからだ。

 こうした中、県は28日、49頭のうち1頭に口蹄疫特有の症状が見つかったと発表。県の万策も尽き、東国原英夫知事は49頭の殺処分を表明した。

 宮崎牛の遺伝子をつなぐ頼みの綱のエース級種牛5頭は、今も西都市内の山中に避難している。忠富士の感染から1週間の経過観察(5月28日現在)で陰性を確認。県は6月4日までその期間を延長した。

 「福之国(ふくのくに)」「勝平正(かつひらまさ)」など5頭は当初の簡易畜舎と同じ敷地内に建てた新しい畜舎に3頭、約500メートル離れた場所に建てた畜舎に2頭と分けられ、厳重な管理下に置かれている。

 県は今後、時間はかかっても、残された種牛・母牛候補で県独自に再生を図る方針だ。【石田宗久、小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相 6月1日に宮崎訪問 東国原知事と会談
口蹄疫:早期出荷へ食肉処理場再開 種牛49頭殺処分着手
口蹄疫:宮崎・えびの市の全農家陰性
口蹄疫:鳩山首相、近く宮崎訪問
口蹄疫:宮崎県の補償額400億円 ワクチン接種の牛と豚

大麻所持で逮捕、長崎大生か=税関の家宅捜索で発見―県警(時事通信)
社民党 鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定(毎日新聞)
相撲協会、2親方処分へ 暴力団幹部ら観戦問題(産経新聞)
<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
郵政改革法案 与党、衆院委で強行採決(毎日新聞)

<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)

 ダイヤモンド鑑定会社大手「全国宝石学協会」(全宝協、東京都台東区)が業界基準よりカラー(色)を甘く鑑定し、評価をかさ上げしたとされる問題は21日、業界団体が全宝協が鑑定したダイヤの無料再鑑定方針を打ち出し、わが国のダイヤ鑑定の信頼性に疑問符がつきかねない局面を迎えた。鑑定を甘くしても鑑定会社が直接もうかるわけではないのに、なぜこうした問題が起きるのか? 専門家は「甘い鑑定を望む宝石業者の圧力が背景にある」と指摘する。【河津啓介、馬場直子、阿部周一】

 ダイヤは宝石輸入・卸業者が品質に応じた価格を自らが見極めて仕入れる。その後、鑑定会社に「簡易鑑定書」の作成を依頼し国内取引に使う。さらに小売り段階で正式な「鑑定書」が発行され、ダイヤと共に消費者の手に渡る仕組みだ。

 ある鑑定会社幹部は今回の問題について「悪いのは鑑定会社だけではない」と強調した。言葉の裏には、かさ上げで最も利益を得るとされる宝石輸入・卸業者の存在がある。

 例えば、仕入れ値が同じダイヤでも、鑑定結果が異なれば小売業者や消費者への販売価格も異なる。輸入・卸業者にとっては、自身が見込んだ品質より高く鑑定されるほど、仕入れ値との差益が大きくなるわけだ。都内の輸入・卸業者は「私たちも目利きのプロ。当然、鑑定会社に希望ランクを伝えるし、評価が低ければ見直しを要求したり他社に変えることもある」と証言した。全宝協幹部も「輸入・卸業者の圧力はある。例えばGランクの鑑定書をほしがる業者が一つ下のHランクから見た目のいい石を選んで鑑定に出すこともある」と打ち明けた。

 一方で、この卸業者は「『圧力』と受け止めて鑑定をゆがめるのは勘違い」とも語る。鑑定会社には受注量維持のため鑑定結果をねじ曲げる誘惑を常に振り払う倫理観が求められるという。

 宝飾会社大手「ミキモト」の元常務で宝飾史研究家、山口遼さんは「鑑定を巡る不正の背景には、利益のために甘い鑑定を要求する輸入・卸業者の根本姿勢がある。鑑定会社ばかりでなく、圧力をかける側にも問題がある」と指摘した。

 また、鑑定業界の「過当競争」もある。大手1社が寡占状態の米国などと違い、日本は数十社が乱立。81年に有力鑑定会社などが「宝石鑑別団体協議会」(現在23社)を発足させ、品質項目の基準統一化を進めてきたが、未加盟の鑑定会社は独自の評価で鑑定書を出している実情がある。

 バブル期、3兆円規模だった宝飾品市場は約3分の1に縮小し、業界からは「市場縮小で従来のすみ分けが崩れた」との声も漏れる。

 山口さんは「業者の圧力と過当競争。この二つを正さない限り、依頼主に都合の良い結果を書く鑑定会社が生まれてもおかしくない」と語った。

 全宝協は今回、「許容範囲の修正で消費者に不利益はない」と不正を否定したが、山口さんは「消費者は宝石の知識がない。売る側が100%責任を持たなければならない」と業界の信頼性が不可欠との認識を強調した。

梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)
口蹄疫 農水相が対応謝罪 ワクチン接種9割終了へ(産経新聞)
「農水相がゴルフ」報道 TBSが「取材不十分」と謝罪(産経新聞)
政府、新規採用公務員4割減を決定(産経新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)

娘思いの信玄さん「富士に祈った息女の平癒」 200年ぶり願文見つかる(産経新聞)

 戦国武将の武田信玄が富士山の神仏に病気の娘の平癒を祈った願文の所在が約200年ぶりに確認され、山梨県富士吉田市に寄贈された。江戸期の約200年前の古文書「甲斐国志」の草稿に、富士信仰を広める役割を果たした上吉田の御師(おし)の家にこの願文があると記され、長く行方知れずとなっていたが、山梨県外に住む御師の子孫の男性が家内を整理中に見つけ、寄贈した。市歴史民俗博物館(同市上吉田)で公開されている。

 願文は永禄8(1565)年5月に、信玄が「富士浅間大菩薩」に息女の病の平癒を願った内容。願いがかなえば「息女が富士に詣で、富士に僧を集めて大乗経を読誦し、神馬三頭の奉納を約束する」などと古紙に記されている。

 信玄自筆の根拠は、「信」の字の「言」の上部が「ユ」になる点など独特の筆遣いや、何字かおきに墨をつけ直したことによる文字の濃淡、花押など。信玄自筆文書の研究者が鑑定して信玄のものと認めた。

 同博物館によると、墨の使い方や筆遣いから、「勇壮」といった一般的なイメージとは異なる信玄の細やかで几帳面な一面がうかがえるという。息女が誰を指すかについては織田信長の嫡男、信忠と婚約した信玄の五女、松姫(信松院)の可能性がある。

 寄贈した御師の子孫の男性は小学生のころ、父親から「信玄の古文書が自宅にある」と知らされていたが、長く所在が分からなくなっていた。御師は霊峰への参拝者の宿泊所に自宅を提供するなど富士信仰を広める役割を果たす存在。

 同博物館の担当者は「信玄が富士山を深く信仰していたことを証明する願文として大変貴重」と話している。現存する信玄の自筆文書は数少ないとされ、身内の病気回復や安産を願ったものとしては願文2通が富士御室浅間神社(山梨県富士河口湖町)に伝存するという。

 公開は6月30日まで。常設展観覧料は大人300円、小中高生150円。火曜休館。問い合わせは同博物館(電話)0555・24・2411。

【関連記事】
かっぷくいい武田信玄像は「別人」 真贋論争が加熱
何人ご存知?歴史の偉人150人が並ぶゴム印の掛け軸
幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは
“墓参ラー”歴ドル・小日向えり「幸村公らの生き方に男気感じる」
歴史マニア必見アイテム「戦国武将印鑑」

<名鉄三河線>線路に消火器 けが人はなし 愛知・知立(毎日新聞)
“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
小中学生に広がる「レーザー脱毛」 母娘そろってサロンに通い(J-CASTニュース)
<大阪ポリ袋遺体>身元は36歳女性 首に絞められた跡(毎日新聞)
「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事(読売新聞)

上品な感じが好き…青紫色カーネーション人気(読売新聞)

 母の日の9日、東京・銀座の「日比谷花壇銀座松屋店」は、カーネーションを買い求める人々でにぎわい、青紫色の「ムーンダスト」に注目が集まっていた。

 飲料メーカーが1995年に豪州の企業と共同開発し、4、5年前から市場に広く出回るようになった。「固定ファンが多く、最近は開発直後に続き、再び注目されている」と工藤悦弘店長。かすみ草や淡いピンクのバラを添えるのが人気だという。

 「上品な感じが好き。きっと母も喜んでくれるはず」。墨田区の会社員秋田宏子さん(29)は、数店舗巡った末に、やっとお目当てのプレゼントを買い求めてにっこり。

<NPT会議>福山氏、国連事務総長に「合意形成に努力」(毎日新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
子どもの人口、1694万人=29年連続で減少−総務省(時事通信)
<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)
【日本発 アイデアの文化史】インスタントラーメン(下)(産経新聞)

ぜんそく治療中の半数以上で「コントロール不十分」(医療介護CBニュース)

 ぜんそく治療中の患者の半数以上で、症状が週に1回以上あるなどの「コントロール不十分」であることが、アストラゼネカの調べで分かった。また、ぜんそくの基本病態である「気道の炎症」や「気道過敏性」について、医師の説明と患者の認識の間にギャップがあった。

 調査は昨年7-10月に実施。医師とその医師が診療している患者(新患を含む)にそれぞれ調査票を配布して、郵送で回収した。患者2万4150人、医師4766人を有効回答として分析した。

 それによると、患者のぜんそく症状の管理について、▽ぜんそく症状が週に1回以上ある▽発作治療薬SABAを週に1回以上服用している▽朝起きた時のぜんそく症状がしばらく治まらない―のいずれかに該当する「コントロール不十分」の割合が52%、いずれにも当てはまらない「良好」が48%だった。

 使い続けることで気管支の炎症を弱め、発作を防ぐとされている吸入ステロイドを処方されている患者は全体の86.0%。その服薬状況は、「100%守っている」47.0%、「まれに忘れることがある」19.3%、「時々忘れることがある」25.4%、「あまり守っていない」8.3%だった。

 さらに、ぜんそくの病態に関する説明状況について医師に聞いたところ、「説明はしていない」は1.8%にとどまり、「必ず説明している」54.9%と「説明するようにしている」43.3%で大半を占めた。
 一方、患者に聞くと、「説明してくれた」が75.5%で最も多かったものの、「説明してくれなかった」「覚えていない」も、それぞれ5.8%と18.7%あった。

 また、病態の説明内容として、「気道の炎症が原因」とした医師が90.1%なのに対し、患者の認識は44.3%にとどまった。また、「気道が過敏になるのが原因」についても、医師75.2%に対し、患者44.1%だった。このほか、「気管支が狭くなる病気」は医師83.4%、患者84.6%、「ダニやほこりが原因で発作が起こる病気」は医師52.4%、患者56.1%だった。

 医師の属性は、「診療所・医院・クリニック」が91.3%で最も多く、「大学病院以外の病院」は8.6%、「大学病院」は0.1%だった。


【関連記事】
昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
「ぜんそく死ゼロ」目指すガイドライン―日本アレルギー学会

テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)
<松本清張賞>村木嵐さんの「マルガリータ」に(毎日新聞)
小池参院議員が自民を離党、無所属で参院選出馬(読売新聞)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
愛知・豊川の家族5人殺傷 ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)

<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は16日、事業仕分け第2弾の対象候補となる消費者庁所管の「国民生活センター」(相模原市)を訪問した。電気機器などのテストは経済産業省所管の「製品評価技術基盤機構」でも実施しており、枝野氏は「他機関の実態を把握して、重複と言えるか整理したい」と述べた。視察には「仕分け人」の蓮舫民主党参院議員も同行した。

【関連ニュース】
橋下知事:「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール
小沢幹事長:生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否
小沢氏と政策実行グループの絶妙な党内バランスは続くか
民主党:生方副幹事長、更迭 執行部批判で小沢氏強権 辞任要求拒否され
民主県連:県内初、政治スクール開校 第1回講師に枝野大臣 /島根

参院で議員控室交換の引っ越し始まる(産経新聞)
大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)
男児ポルノ、元被害者の少年4人が撮影加担(読売新聞)
住商、JCOMの筆頭株主に(産経新聞)
日韓議連会長に民主・渡部氏=森元首相から交代(時事通信)

ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)

 ストーカーなど男女間のトラブルが殺人事件に発展するケースが相次いだことを受け、警察庁は被害者の身に危機が迫っている場合には被害届が提出されなくても、加害者を障害や暴行の容疑で逮捕するなど、積極的な捜査を行うことを盛り込んだ指針をまとめ、週明けに全国の警察本部に通達する。

 指針は、宮城県石巻市で今年2月、少女(18)が以前交際していた少年らに連れ去られ、少女の姉と友人の女性2人が殺害された事件や、3月に茨城県神栖市で、主婦(36)が、トラック運転手の元夫(40)に殺害された事件など、男女関係のもつれが悪質なつきまといに発展し、警察が相談を受けていながら犯行を未然に阻止することができなかったケースの再発防止策として、警察庁が検討を進めていた。

 石巻市の事件では、加害者の暴力被害について少女が再三、警察に相談していたが、被害届の提出はためらい、提出を決めた翌日に事件が起きていた。

 指針によると、ストーカーや配偶者間暴力(DV)で、被害者がけがを負わされていたり、身に危機が及んでいることが明らかで、殺害などの重大事件に発展しかねない場合には、被害届を受けなくとも、傷害や暴行などの容疑で加害者の逮捕を検討。一方で、加害者に対しても、言い分を聞きながら、加害行為を自覚させてエスカレートしないようにするなど踏み込んだ措置を求めている。

 また、届け出をためらう被害者が少なくないことから、被害者に対し、事態を放置すれば重大事件に発展する可能性を理解してもらい、一時避難する措置を積極的に講ずることも挙げている。

 傷害や暴行などは親告罪ではないため、被害届がなくとも立件できるが、実際の捜査では、被害者の処罰意志の有無が公判の結果を左右することから、検察庁との連携上、被害届を受けることが通例となっている。

【関連記事】
63歳女がストーカー容疑
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
DVの警察認知数、2.8万件で過去最多 殺人や未遂も44件
最もセクシーなキャスターに涙 ストーカー犯の判決受け
因縁つけタイヤパンクさせる 川越・鶴ケ島で連続6件

シスメックス: 血中循環がん細胞検出技術の臨床的有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
<大阪弁護士会>高校生にも法教育 府内270校で出前授業(毎日新聞)

<京都御所>桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)

 京都御所(京都市上京区)で7日、恒例の一般公開が始まった。開門時刻の午前9時には約400人が列をつくり、宮廷建築群や満開を迎えた「左近の桜」、緑鮮やかな庭園など春を満喫した。11日まで。

【新刊本】『皇后さまと子どもたち』=宮内庁侍従職:監修

 今回は人形による舞の飾り付けが特徴。大臣宿所で「和舞(やまとまい)」、小御所(こごしょ)で「五節舞(ごせちのまい)」と「久米舞」の展示をしている。

 無料。期間中は予約不要。宜秋門から午前9時〜午後3時半に入場。最終退出は午後4時15分。問い合わせは宮内庁京都事務所(075・211・1211)。【小川信】

【関連ニュース】
愛子さま:宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題
愛子さま:「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官
京都御所:4月7日から一般公開 人形の舞飾り付けも実施
愛子さま:4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ

首都圏の大学50校で窃盗80件? 無職の男逮捕(産経新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
【なんてこった】論説委員・福島敏雄 自分のカラダも分カラン(産経新聞)
政権委に河野、西村氏ら=自民が参院選本部発足(時事通信)
平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」(読売新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
サイドビジネス
債務整理無料相談
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
現金化
探偵社
情報起業
探偵
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    ほんてり (01/20)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    カドルト (01/08)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    玉木よしひさ (12/29)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    こういち (12/24)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    俊之 (12/04)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    さもはん (11/26)
  • 阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
    れもんサワー (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM